ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

3月9日(サンキューの日)リフレッシュ・オープン

古本屋好きの皆さま☆熱帯雨林(アマゾン)支店からお求めいただけます
a0102001_23023699.jpeg
たとえば、こんな古本たち、、、
 〈風変わりな社会感と自然感〉 
「哲学的思考」は、現象学の元祖・フッサールの解説書と言えるが、客観的世界と主観とのせめぎあいを論究する。
「スペクタクルの世界」とは見世物の世界であり、劇場的資本主義社会のことである。著者はフランス1968年の5月革命を予言した「状況」派の創始者。
「 フェルメールになれなかった男」。サブタイトルに「20世紀最大の贋作事件」とあるように稀少価値の画家の絵を手がけ、かのナチ・ゲーリング元帥も嵌めた男の物語。
「益田勝実の仕事1 説話文学と絵巻」。民俗学の世界の話であり、土俗・民俗に根ざした話しは、残酷、メルヘン、ユートピアなどの坩堝だ。
「アナクロニズム」。人間栽培論、霊媒実験、自動人形(ロボット)などの奇想、妄想は常に社会の常識外として貶められてきた。その辺境の系譜を追う。
「大菩薩峠」という大作を書いた中里介山の「日本武術神妙記」は、剣法、槍術、柔術、弓道などの日本武術の様々な世界に踏み入り、語り去って行く。
「暗殺」は、明治・大正・昭和の暗殺を加害者側から追及した異色作。大久保利通をはじめ伊藤博文、大杉栄、山本宣治、永田鉄山など何れも力作である。
「黄禍論とは何か」は、ロシアを含む欧米諸国のアジア(黄色人種)に対する差別意識、不安の表出だが、それは日清・日露戦争の過程で日本へのそれに収斂する。
「ローリング・サンダー航海日誌」は、ボブ・ディランの長期ツアーをサム・シェパードが書いたものだが、98編にわたる各地の場面の多様さが写真とともに開陳されている。
「海藻入門」とは、いきなり異質かと思うがそうではない(或いはその通り)。古く万葉集にも詠まれているように日本人と海藻の関係は強く、関わりは多様で意味深い世界なのだ。
それで「平行植物」に行き着く。絵本作家レオーネが架空の植物を幻想的に描き出したのが本書だ。勿論、完全なフィクションではない。現実に寄り添って描く、そのこだわりを見よ。
最後に「軍艦島」。サブタイトルに「奇跡の産業遺産」とあるが、自然の島の底にある黒ダイヤを採るために、無理くいに超人工的な建造物を構築したのだ。近代日本産業の奇形的発展の発露がここにある。君はここを訪れてはいけない。この本をチラチラ見て想像するのだ。

お問合せも、お気軽に。diver@kdn.biglobe.ne.jp

[PR]

# by bookdiver | 2016-02-29 23:30 | Comments(0)

2日間限り

2月20日(土)21日(日)、サービス価格でお求めになれます
a0102001_1625361.jpg
古本ブック・ダイバーの神保町本店(2006~2015)に替わりまして、本年は下記をクリックしていただければと思います。
2日間のみ。熱帯雨林の支店(アマゾン・マーケットプレイス)
支店の本格オープンは、3月9日(サンキューの日)ブック・ダイバー10周年の日を目指しております。これからもヨロシクお願いしますー☆ポチッとね
[PR]

# by bookdiver | 2016-02-19 20:55 | Comments(0)

2月20日(土)21日(日)限定オープン

熱帯雨林の支店にて、2日間のみお買い得価格でお求めいただけます☆
リフレッシュ・オープン(ネット販売)を前に、ちょこっとだけお試し販売します。2月20日(土)21日(日)の2日間。宜しければアマゾン・マーケットプレイスで、古本ブック・ダイバーをチェックしていただければと思います。ヨロシクお願いしますー☆
a0102001_2212176.jpg
a0102001_2253885.jpg
a0102001_2265481.jpg

[PR]

# by bookdiver | 2016-02-09 08:30 | Comments(0)

熱帯雨林の支店に

神保町本店はクローズしましたが、近日、アマゾン支店リフレッシュ・オープン♫ 
a0102001_11191553.jpg
たとえば、こんな本を販売します。ちょこっとご紹介
〈歴史に学び自分の思想を打ち立てる〉文庫と一部新書
 「弓と竪琴」は、メキシコのノーベル賞詩人オクタビオ・パスの一大詩論。「世界を変えうる作用としての詩的行為は、本質的に革命的」と提唱する。有名な「1984年」の作者の「オーウェル評論集」は、植民地やスペイン戦争などの多様な体験を踏まえたエッセー・評論集で、中にヒトラーの「我が闘争」の書評も。 「形而上学入門」は、20世紀を代表する謎多き哲学者ハイデガーの講義録。未完の「存在と時間」のあとを埋めた続編的位置付け。 「ドイツロマン主義とナチズム」は、「哲学者と詩人と音楽家の国がなぜナチスを生んだのか」と問い、ルッター以後のドイツ精神の本質に迫る。 「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」。ご存知古典的名著。労働を尊重する敬虔なピューリタリズムが、近代資本主義の生誕に貢献したというのである。 「「ドイツ帝国」が世界を破滅させる」。著者はフランスの歴史人口学者。考察は現在のロシアやユーロなどにも及ぶ。 「十字軍騎士団」は、中世ヨーロッパのイスラム勢力攻撃の書。キリスト教とイスラム教という対立が宗教的なものを超えたものとしてここからあった。 「歴史入門」。20世紀を代表する歴史学の大家の入門書。
 「意識と本質」は、サブタイトルにー精神的東洋を求めてーとあるように自分の実存の「根」が東洋にあるとする。清水幾太郎の 「愛国心」は、自民族中心思想(エスノセントリズムー注意・自民党族中心主義の意味にあらず)が、なぜ戦争に結びついていくのかという重い問いと答えがここにある。 「ザビエルの見た日本」は、スペイン・イエズス会のザビエルが西欧文明とカトリックを背負って初めて見たニッポンの姿。 「有閑階級の理論」は、今の格差と富裕層の問題と重なる。この階級は私有財産の蓄積にともなって「顕示的消費」への退行現象を見せるというのである。19世紀末のアメリカの話。そして 「教養主義の没落」。近代日本の発展の基底として、学生層を中心とした西欧的知性の摂取による教養層の存在は無視できぬというのである。それは古いので枯渇し、今や侮蔑の対象の対象ですらある(反知性主義の跋扈)。それは死んでいいのか?
 さて最後に 「孫子」。ここには「兵は詭道」、「彼を知り己を知れば百戦危うからず」、「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」などの戦略的名言が多数ある。
a0102001_11311061.jpg

少しずつですが、準備を進めております。。。
これからも、ご指導ご鞭撻をよろしくお願いしますー☆
e-mail:diver@kdn.biglobe.ne.jp
[PR]

# by bookdiver | 2016-01-29 16:18 | Comments(0)

愛の女帝・原節子と、私の導師・篠原一(はじめ)

2015年(平成27年)の回顧 by ブック・ダイバー店主
a0102001_20511438.jpg
(写真は岩波書店「全集 黒澤明」月報3より)
原節子が秋に亡くなった。95歳。9月5日に死去していたのに、世の中に明らかになったのは、11月末のことだ。いかにも原節子らしい。
 池部良が昔、回想のなかで語っている。兵隊に召集されたとき、撮影所のなかを挨拶回りした。原節子の前に立ったら、無言のまま 池部良をまじまじと見つめていた。池部良も負けじとにらみ返していたが、彼女のあの大きな目に負けて、そのまま引きさがったと。
 彼女の映画で何が代表作か? 小津安二郎の「東京物語」などの諸作品、成瀬巳喜男の「めし」など…。ちがう。黒澤明の「白痴」(ドストエフスキー原作)なのである。
 私がこの映画を見たとき、体調不良だったのか、精神が不安定だったのか記憶が定かでないが、悪夢のような異様な印象を受けた。映画としてまともではなかったが、ショックを受けた。
 黒マントをまとった純粋の「愛」をひたすら求める薄幸の女性、原節子(那須妙子)。けがれた過去を持ちながら、その気高さに圧倒された。妙子は死ぬ。愛という観念のルツボの中で、殺される。だが、その死体はない(見えない)。原節子のように。
a0102001_20542760.jpg













 10月31日、91歳で死去した元東大教授の篠原一(はじめ)は、私にとって恩人の一人だ。ある雑誌の編集長をやりはじめた頃、ずいぶん助けてもらった。ピンさんと親しみを込めて呼ばれ「市民運動」の柔軟な提唱者だったが、アイデアが豊富で編集企画、国際情勢、政治動向、運動の展望などで大変お世話になった。感謝!!
 先生の著作は「ドイツ革命史序説」など多数あるが、いま私は哲学者ハイデガーがなぜドイツ・ファシズムに加担したか、なぜ1930年代ヒトラーが登場したかについて頭を悩ませている。
 これは、20世紀を超えて現在まで続く深刻なテーマである。


a0102001_2024784.jpg
(お手伝いholyの備忘録)
もうウン十年も前、人生初の海外旅行でパリ滞在の知り合いを訪ねた時、ソルボンヌ大学で小津安二郎の「東京物語」が上映されるというので連れて行ってくれた。大講堂は階段状だから、当時の日本の映画館よりもダンゼン見やすかったのを覚えている。予備知識まるで無しだったので、フランス人が感じるのと同様のカルチャーショックとゆーか、、、お茶の間ブラウン管テレビで初めて「東京物語」を見たら、全く違った印象だったと思う。原節子さんは骨格がしっかりしていて、大スクリーンにこそ映える大輪の花。
2014年11月の「銀座百点」で司葉子さんが原節子さんのコトを「ほんとにすてきなお姉さま。今でもときどきお電話します。」「ええ。お元気ですよ。政治の話からなにからなにまでよくご存じで。新聞は隅から隅まで読むんですって。」と話している。
2015年11月の訃報記事の中でも、新聞は2紙読んでいたと書いてあった。日経新聞と毎日新聞。最期まで、やはり骨太の大輪の花だワーーー☆
[PR]

# by bookdiver | 2016-01-12 11:52 | Comments(0)