ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古本の取扱ジャンルは<硬派なサブカルチャー>

単行本、新書、文庫を販売中。硬いなかにも、柔らかさが、、、
a0102001_17522869.jpg
ブック・ダイバーのアマゾン支店はコチラです
 いま世界の中心は「原理主義 ファンダメンタリズム」(松本健一)にしっかりと捉えられているようです。中東からヨーロッパに押し寄せる難民。ドイツがホクホクして待ち構えていましたが、そうは問屋がおろしません。「奴隷以下」(凱風社)は<ドイツ企業の戦後責任>を扱っていますが、ユダヤ人問題はシリア人問題にすり変わらないのか、心配です。VWはどうしているのかナ?
と思ったら「思想の首領たち」(グリュックスマン 中央公論社)の帯には「マルクス主義は<収容所(グラ―グ)>の思想である」とあり、いまだマルクス主義のしっぽを引きずっているぼくはギョッとするのです。その源泉がドイツ観念論だというのだから、ますますたまりません。
 となれば、とりあえずドイツを遠く離れてキューバはどうだ。「少年フィデル」(トランスワールドジャパン)なんかは、彼が規律を守る優等生であると同時に、自由奔放の精神を持っていたことが分かる。キューバとオバマの交流は面白いのではないか。
 つまり、もしかしたら「アナキズムの哲学」(法政大学出版局)や「アナキズムⅠ(思想篇)」(紀伊國屋書店)なんかも案外、今日有効なのかもしれない。しかし幻想もほどほどに。
 こういうことを書くと、下世話な世界では「現代親分論」(現代書館)も参考になるかも。同じ狩野健治の「実録・人生劇場」(双葉社)なんていうのも、どうだ。
……もっと柔らかい本もいろいろ。
a0102001_11565791.jpg
お問合わせも、お気軽にメールいただければと思います(営業は除く) 
                      ☛ diver@kdn.biglobe.ne.jp 
[PR]

# by bookdiver | 2016-05-30 11:06 | Comments(0)

あの神保町のワクワクを、もう一度

ヘンテコ木の実と、面白古本はやめられない
a0102001_1224187.jpg
ブック・ダイバーの店先で春と秋、これまで10回行われてきた「世界の木の実と 古本」市。この春、木の実の小林商会さんが、新しい趣向で再スタートされます。ご興味ある方は、クリックして見てくださいね。とてもオシャレな場所みたい☆(私も遊びに行きますー)
a0102001_034212.jpg……にしても、神保町名物の路地裏の光景でしたー☆木の実と古本。

a0102001_035035.jpg








非常に珍しいセイシェルのフタゴヤシ。神保町における愛称は「エマニエル」。。。(笑い)
記念写真を撮られるお客さまが、たくさんいらっしゃいました。
小林商会にて、お買い求めいただけます♪ 







a0102001_234944.jpg…そんな訳でエマニエルと関係あるのかないのかwww 弊店にはこんな面白古本も、ございます。ブック・ダイバーの熱帯雨林支店をヨロシクお願いします♪
[PR]

# by bookdiver | 2016-05-15 21:11 | Comments(0)

もうすぐ「昭和の日」

連休には、いい本と、いい時間を
a0102001_23583647.jpg
日本全国お疲れ様です。
タイヘンな新年度ですけど、ここでちょっと小休止。あの日、あの時のじぶんを想い出すと、またパワーが出てきたり、優しい気持ちになったりするコトってありませんか?どなたにも、きっとあるはず。。。 そんな脳内メモリーをオンラインにできるのは、古本の手触りです。
a0102001_23593256.jpgゴールデン・ウィークには、ちょっと立ち止まってみませんか? 古本ブック・ダイバー(探求者)のコトも、ちょこっと想い出してもらえたら、ウレシク思いますー☆
熱帯雨林の支店では、文庫、新書も取り扱っております。 
[PR]

# by bookdiver | 2016-04-26 11:19 | Comments(0)

4月から、新書もお求めいただけます

古本屋好きの皆さま、お待たせ。文庫ももうすぐ
a0102001_1204453.jpg
ちょうど桜の季節。〝世の中は三日見ぬ間の桜かな〟ですが、「桜の文学史」(文春新書)なんかは日本人の心情を描いています。桜は日本人特有の気持ちを反映するらしく、であれば「日本人論」(冨山房百科文庫-新書サイズですが)、さらに岩波新書の名著「日本の思想」(丸山真男)、先頃なくなった鶴見俊輔の「現代日本の思想 その五つの渦」なども参考になる。そのキモに小林秀雄がいるという説も成り立ち、そうなれば「人生の鍛錬・小林秀雄の言葉」をのぞいてみるのも一興。
 さて問題をもっと外から見る必要もある。文化・文学的には川村湊の『異郷の昭和文学「満州」と近代日本』(岩波)、インナー的には「愛と憎しみの新宿 半径一キロの日本近代史」(ちくま)という両極端をかかえつつ、今村仁司の「群衆-モンスターの誕生」(ちくま)というのを真ん中に置くと、どうなるのか? 今、またこれから日本にも登場する余地はあるやなしや……。
 群衆の中の孤独と言うが、人はみな孤でもある。ポール・ロブソンの「ここに私は立つ アメリカ黒人歌手の自伝」(カッパ=光文社)なのだ。芸術に走れば「ジャン・コクト― 幻視芸術の魔術師」(講談・現代)や「時計仕掛けのハリウッド映画 脚本に隠された黄金法則を探る」(角川)、古くは日本の「小山内薫 新劇史のために」(角川)も目につく。
 かくして私たちがやっぱり基本的に気をつけなければならないのは「エロス身体論」(平凡)に帰着するのであろうか。
 ホレ、よく言うではないか。〝花よりダンゴ(タンゴではありません)〟などと。
今月から熱帯雨林の支店で、新書も販売してます。宜しければ、時々チェックしていただければ、と思います。
a0102001_1285419.jpg
a0102001_129265.jpg






雨上がりの桜の森。

More
[PR]

# by bookdiver | 2016-04-05 12:36 | Comments(0)

神保町の秘宝館、本日オープン

ワクワクがいっぱい!! キラッキラッしてるー☆
a0102001_13451610.jpg

a0102001_13522380.jpg
a0102001_147189.jpg
a0102001_1354728.jpg



































夢の中で会えるでしょう
[PR]

# by bookdiver | 2016-04-01 08:30 | Comments(0)