「ほっ」と。キャンペーン

ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
お気に入りブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


来週は、七夕「女子とふるぽん~」寄港市

神保町の愉快なミニ古本市がはじまります。6日(火)から
こんな可愛いポストカードもございます。fron kamakura
(写真はごく一部)
a0102001_17505883.jpg

初日ご来店のお客様には、LaLaTV制作の「女性外来パンフレット」
もプレゼントします。
a0102001_17515057.jpg
[PR]

by bookdiver | 2010-06-30 17:56 | 女子とふるぽん~ | Comments(0)

岡田監督は、湘南・逗子の住人

葉山の友達が、教えてくれました
コレって、みんな知ってるコトなの?
私は知りませんでした。
もっとも当方の場合、サッカーまるで分からず、選手もエグザイルも
区別つきません(苦笑)
何はともあれ、夏のパワーは湘南から!!
a0102001_14512871.jpg

そんな中、ここB級都心では神田学会の「KANDAルネッサンス」91号が
発行されました。店主も<神保町たんけん>の記事を書いております。
店頭にて、お渡ししています。
[PR]

by bookdiver | 2010-06-26 14:58 | Comments(2)

夏至の季節に見る夢

「映画の授業」と「映画少年の夢」と
アテネ・フランセ文化センターでは、ドキュメンタリー映画篇
神保町シアターは、川本三郎編の、麻布の丘に集った異才たち 麻布映画祭。
岩波ホールも忘れちゃいけない。「パリ20区、僕たちのクラス」が絶賛公開中です。

1年でいちばん昼間の時間が長い、夏至(6月21日)の日没は19:00。
夢の余韻を楽しんで、神保町の古本お休み処ブック・ダイバーで、ゆっくりされていきませんか?
平日は夜20:30(土日18:30)まで、どうぞ、ごゆっ~くり。

夢のつづきを、聞かせてください。
お話しましょう、終わらない夢。。。
[PR]

by bookdiver | 2010-06-21 14:48 | Comments(0)

父の日ギフト or ご自身のエネルギー補給に

珍しい、懐かしいオールドデイズ・ブックス、如何ですか?
もうすぐ父の日。贈り物は、お決まりですか?
朝日新聞によると、今年の予算は平均4981円。朝のJ-WAVEでも、1万円以下がほとんど、とお話していました、、、ワクワク感ある、こんな贈り物は如何でしょう。
1「週刊本28 卒業KYON2に向って」野々村文宏+中森明夫+田口賢司 朝日出版社

2「ヤンキー・暴走族・社会人 逸脱的ライフスタイルの自然史」
  佐藤郁哉 新曜社 初版 

3「獄中十八年 右翼武闘派の回想」野村秋介 現代評論社 初版  

4「オペラ その華麗なる美の饗宴」音楽の友社
   「オペラ歌手はなぜモテるのか?」
    石戸谷結子 文藝春秋社もございます。700円

5「写真で見る 昭和の歌謡史Ⅰ戦前・戦中編」
  福田俊二編著 柘植書房1991年初版 4000円に値下げしました

6「シェイクスピア6大名作」福田恒存・三神勲・中野好夫訳
  河出書房新社

7「告白的女性論」北原武夫 旺文社文庫1980年初版800円

8「カストリ雑誌研究 シンボルにみる風俗史」山本明
  中公文庫・1998年初版

9「種蒔く人伝」金子洋文 労大新書1984年初版

10「1984年」ジョージ・オーウェル 早川書房

11「クロイヌ家具店」大海赫 理論社



&モア~
 
店頭にて、手にとってご覧いただけます。夜は20:30まで(土日は18:30まで)
[PR]

by bookdiver | 2010-06-19 12:57 | Comments(0)

神保町の明るい話題

いよいよ梅雨入りだけど、元気にいきましょう
1 異国情緒あふれるサクラ・カフェ
  あのサクラ・ホテル1階のサクラ・カフェは、24時間OPEN.
  読書好きも、サッカーファンも、世界のビールが楽しめます。
a0102001_2058416.jpg

2 青山から引っ越してきた、お洒落なお店
  それは、オヨヨ書林ではありません。 VEKT 5月27日に開店しました。

3 卸)神保町食肉センター 6月2日OPEN
  すごい名前の焼き肉屋さんですね。白山通り、スグ近く。  


「6月はずっと 雨ばかり降り続いて
 あなたも会いに来てくれないし」…と、
スガシカオさんも歌ってました。
体感的には、4月から雨ばかり降り続いてるよーな、そんな気しません??
雨あがりの、青く晴れた日に、会いに来てほしいなぁ。
(ドシャブリの日も、もちろん大歓迎ですよん!!)
[PR]

by bookdiver | 2010-06-11 21:12 | Comments(0)

これも、いわゆるミート・グッドバイ?

ダイバー店主が選ぶ、売れてクヤ・ウレシイ本 第23回
1「身体にやさしいインド」伊藤武 講談社600円
 サブタイトルに「神秘と科学の国の“生きる知恵”」とあるとおり、
 インドはマカ不思議な国である。そこへ旅する(放浪型)日本人は
 必ずカルチャーショックを受けるといわれている。

2「開陽丸ルネッサンス」石橋藤雄 共同文化社500円
 開陽丸とは幕末最後の江戸幕府の軍艦のことである。これを顕彰しよう
 というのである。本書を買ったお客様は、お目が高い(値段は安い)!

3「ゲッペルス」クルト・リース 図書出版社1500円
 サブ・タイトルに「ヒトラー帝国の演出者」とあるように、宣伝扇動の
 専門家で、ヒトラーと最後を共にした怪人物の評伝。
 時代を遠く離れても、問題は重く残っているのだ。


ところで、「ミート・グッドバイ」の意味、ご存知ですか?
先日の読書会でも話題になった言葉です。
「出会って、別れる?」「なんか、イターイ感じ?」
「お肉が嫌いとか?」

正解は、ダイバー店主に聞いてみましょう。
[PR]

by bookdiver | 2010-06-10 18:52 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

女子の本棚、覗いてみませんか

神保町の愉快なミニ古本市
七夕「女子とふるぽん~」寄港市に、いらっしゃいませ。来月6日(火)から
a0102001_15395240.jpg

*もしも、このチラシを配布or設置協力いただける、奇特な方いらっしゃいましたら、
 ご来店お待ちしておりま~す。
*近日、各店の魅力を詳しくご紹介します。
*今回、早く受付終了のため、ご参加希望いただきながらお応えできなかった皆さま、
 ゴメンナサイです。また次回、ヨロシクお願いします。
[PR]

by bookdiver | 2010-06-08 12:52 | 女子とふるぽん~ | Comments(0)

それって、脱構築?

村上春樹「1Q84」book3 読書会の続き
「ハルキはほったらかしなんだよって、言ってましたけど…。
 ほったらかしって、脱構築ってコトですかぁ?」
「まあ、そ~とも言えるな」
「だったら、ブック・ダイバーの本棚は脱構築??」
(下記の日記もご参照くださいませ)
[PR]

by bookdiver | 2010-06-04 19:20 | Comments(0)

村上春樹「1Q84」BOOK3 読書会ご報告

BOOK4はあるのかな、ないのかな?
5月28日(金)満月の夜、ブック・ダイバー店内にて行なわれた
第4回読書会について、ご報告いたします。
夜8時過ぎから10時近くまで、あつまった男女6名があーでもないこーでもない…、
今回も大笑い&ちょっと考えたり、驚いたりと、楽しい読書会でした。
a0102001_1245341.jpg
いろいろな人の、いろいろな声
★面白い。朝日新聞で齋藤美奈子がBOOK1・2は大風呂敷を広げるだけ広げて、
 BOOK3であわてて畳んだ、と評していました。
 でも、悪が書ききれてないから、21世紀のドストエフスキーにはなれない。

★村上春樹はBOOK1・2で、オウム(宗教)と、親子の問題にチャレンジしていたのに、
 BOOK3は、天吾&青豆が主題になっていた。
 最初のテーマは、どこへいっちゃったの?

★3の方が面白かった。ハルキらしい文章が、随所にありました。
 青豆と天吾のハッピーエンドのために、これだけ大掛かりな仕掛けをしたのか…。

★どんな世界になっても、青豆と天吾なら、2人で乗り越えていけると感じました。
 続きが読みたい。老婦人、さきがけ、ふかえり、、、登場人物それぞれを、もっと
 じっくり読みたいです。

★牛河のキャラに、妙にひかれた。ねじまき鳥クロニクルにも出てきてる。
 夜空に2つの月が見えるのは、青豆と天吾と牛河の3人だけなんですよね。
 この3人の共通点は何か?

★1・2は浮遊感、疾走感があったけど、3はほんの少し地に足がつく、
 そんな感じ。千倉の看護婦3人が、マクべスの魔女に見えるシーンに、いたく感動。
 それにしても天吾は鈍感で、繊細すぎるよりは、男子としていいのかな、と思った。

★続編はいつになるか分らないが、BOOK4と言うより、「1Q95」でオウム問題を
 掘り下げてほしい。 

★BOOK 0になって、1月~3月を書くのでは?

★ハルキは何時も、ほったらかしなんだよ、ほったらかしーーー!!(爆笑)

★現代のドストエフスキーなんて言われるより、
 村上春樹はエッセイを連載している「anan」読者に愛される方が、
 100倍うれしいのでは? いまは、何が悪かなんて、分らないし…

てな感じの、ステキな満月の夜の読書会でした。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

最後に、第5回読書会の候補に挙がったのは
・西原理恵子 ・宮台真司 ・雑誌「anan」その他、、、

皆さまのご意見、ご参加をお待ちしてま~す。
[PR]

by bookdiver | 2010-06-01 12:48 | Comments(2)