ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


神保町の明るい話題 スペシアル

6月が終る、運命がチェンジする7月へ
1 木槿堂書店さま復調
  先週ニコニコご来店くださり、「女子とふるぽん~」寄港市に急遽、カムバック決定。
  おぉ、弊店のミニ古本市、「女子とふるぽん~」寄港市の品格がグッと上がります。  
2 すずらん通り中山書店のアトに…
  昨年からシャッターが下りたままでしたけど、雑誌専門の古本屋さんが
  入るそう。
3 神保町シアターは「没後四十年 成瀬巳喜男の世界
  これは楽しみ! ことし前半、村上春樹の「1Q84」や「ノルウェイの森」に
  心ときめいたボーイズ&ガールズも、7月は「浮雲」…etc、観てほしいなー。

★七夕「女子とふるぽん~」寄港市(ミニ古本市)★7月7日(火)~13日(月)
  とゆーワケで、木槿堂書店さまが参加決定し
  &本日、ピストン健とゆー男子も飛び入り参加を希望。
  いちおう女性中心だとご説明すると、お姉さんとユニットにするそう。
  で、屋号は「姉弟舟」(きょうだいぶね)ですって。どんな本を出すのでしょうか~??
なので、ナント13店ご参加によるミニ古本市になりました。
皆さまのご来店を、心よりお待ちしておりま~す。
えこし会(江古田詩人会) ブログは毎日更新中
ヲトメの素人古本 はなめがね本舗  
★姉弟舟(きょうだいぶね)★クッピー舎
★古書 しましま書房★こだぬき書房★駄々猫舎
★トカゲ書林★奈良の小さな古本屋 このはな文庫 
★ふにゃるら文庫★木版画の雨玉舎木槿堂書店 
★ゆず虎嘯(こしょう)
楽しい、カワイイ、面白い本&雑貨いっぱいで、笑う門には福きたる!
a0102001_2118153.jpg

[PR]

by bookdiver | 2009-06-30 21:18 | Comments(0)

村上春樹「1Q84」の読書会ご報告

分らない、ハッキリしない、だから次が知りたくなる?ならない?

6月28日(日)の昼下がり、ご近所の一軒家ジャズ喫茶きっさこ
2階和室にて、初めての読書会を行いました。
参加したのは20~50代の男女7名で、村上ファンの人、まだ読んでない人、
読んだコトあるけど好きじゃない人、全く読んだコトない人…など色いろでした。

主な感想などは
・「1Q84がこれまでの作品と大きく違っていると感じたのは、
 家族の関係がかなり書かれているコトです。それとオウム事件の影響。
 とても完成度の高い作品だと思いました」

・「村上作品が好きなのは、主人公が一人で料理して、ジャズ聞いて、
 アイロンかけて…、現実社会とちょっとズレた生活してて、そんなところに、
 憧れもありました。それで、より大きくズレた人に惹かれたり、
 大きくズレたものに巻き込まれていくんですよね」

・「海外で暮らしてた頃、自分がいかに(ヨーロッパではなく)
 アメリカの影響を受けていたか、思い知らされた。村上春樹もそーだったのでは?
 外国生活で、日本の見方も変わり、小説も変わったきたのかな」

・「僕はまだ全く読んだコトなくて、周りには大ファンが2人いるんですけど、
 これを機会に読んでみたいと思ってます。その2人も、今日はバイトで来れなかった。
 だから、また読書会してください」

・「特にファンというワケではありませんが、彼の作品はほとんど読んでいます。
 1Q84のラストは、村上作品の中では、これからの希望につながるとゆうか、
 メッセージがあるとゆうか…、明るい感じを受けました」

・「風の歌を聴け、ノルウェイの森、海辺のカフカなど、
 高校時代の友人の強いススメで4つくらい読んでて、
 大学の周りでも読んでる人おおいです。だけど、私は好きじゃない。
 ハッキリしない、スカッとしないものは、読んだーって満足感がなくて、
 好きじゃないです」

・「1Q84は、デヴィッド・リンチとタランティーノと
 ソクーロフの映画を見ているよーなワクワク感があり、
作者自身が楽しんで書いている感じ。ラストも感動しました。
出てくる老人や中高年の一人ひとりが、いるいるこーゆー人って感じのリアルさで、
 若い頃の作品との変化を実感しました。

雨の中、ご参加くださいました皆さま、ホントにありがとうございました。
心よりお礼申しあげます。
初めてで、読書体験もバラバラで、まとまりは無かったかもしれませんけど、
それこそ村上春樹的な、次がありそーな、なさそーな、楽しい一時でした~

終了後、ダイバー店内にて皆でヤナーチェクのシンフォニエッタを鑑賞。

お土産資料
クーリエ・ジャポン7月号 村上春樹インタビュー 僕の小説は、混沌とした時代に求められる
☆朝日新聞
 6月 7日 書評「根源悪」を追究 何かが変わった
        (鴻巣友季子さん・翻訳家)
☆読売新聞
 6月16日 村上春樹氏インタビュー上 オウム裁判が出発点 
                          月の裏に残されたような恐怖
   
    17日 村上春樹氏インタビュー中  成長しつづける若者に興味 
                           女性の観点 より深く
   
     18日 村上春樹氏インタビュー下  2つの「言語」交流させた 
                           小説 より力強く立体的に

☆朝日新聞
 6月22日 「1Q84」を読み解く (赤坂真理さん・作家、亀山郁夫さん・ロシア文学者、
        森達也さん・映画監督・作家)
              「1Q84」が止まらない 145万部「ムラカミ」特需
                               音楽・美術界にも波及

<ご参考>6月9日 NHK夜9時のニュース2週間で100万部 村上春樹 新作の秘密
[PR]

by bookdiver | 2009-06-29 14:07 | Comments(0)

神保町の明るい話題

B級の都心で愛を叫ぶ

1 モツ煮のクドウヒロミさん、こんどは時事問題で大活躍

  弊店でデビューし、後に大きく成長したミニコミ「モツ煮狂い」。
  その著者であるクドウヒロミさんは、
  現在、神保町の一流出版社 飛鳥新社でブックレットを担当されています。
  がんばってね。心より応援しております。

2 彷書月刊 田村編集長、お元気に地回り…

  じゃなかった、ウォーキングですよね。昨秋より養生生活に入ってらっしゃいますが、
  本日、道でバッタリお会いしました。ほんとうにお顔の色も良く、
   太極拳の成果でしょうか!?
  (詳しくは、彷書月刊ナナフシの散歩道をご高覧くださいませ)

3 三省堂神保町本店にて、「1Q84」、遂に9刷!!(6月25日現在)

  村上春樹氏の新刊は、6月22日の段階で145万部。
  今まで、三省堂で立ち読みしているのは若い人が多かったけれど、
  今日はシニアの方々を目撃しましたよ。
  さっき甘夏さんも、「最後の方は泣けたワー」とステキな感想を話されていました…

「1Q84」読書会は、6月28日の日曜日です。
  私を含め、読書会って何するの?? とゆーよーなビギナーばかりなので、
  お気軽にご参加くださ~い。

*お詫び
 7月7日(火)からのミニ古本市
 七夕「女子とふるぽん~」寄港市のご参加リストに、漏れがございました。
 ゴメンナサイ。もう一度ご紹介させていただききます。
えこし会(江古田詩人会) ブログは毎日更新中
ヲトメの素人古本 はなめがね本舗  
★クッピー舎
★古書 しましま書房
★こだぬき書房
★トカゲ書林★奈良の小さな古本屋 このはな文庫 
★ふにゃるら文庫★木版画の雨玉舎 ★ゆず虎嘯(こしょう)

7月7日(火)~13日(月)7日間、楽しい、カワイイ、面白い本&雑貨いっぱいで、
笑う門には福きたる!  
[PR]

by bookdiver | 2009-06-25 19:45 | Comments(0)

モヤモヤ読書会のお知らせ

こんどの日曜日、「1Q84」について、おしゃべりしませんか?

もうお読みになりましたか、 
村上春樹の話題の小説「1Q84」。
面白かったー、ナンカよく分らないけど…。
とゆー方、多くありませんか?
てなワケで、6月28日(日)14時~、
それぞれの感想・疑問を、楽しくおしゃべりできたら…と思っています。
お気軽に、ご参加をお待ちしてま~す。

お問合せはコチラへ→ 村上春樹の読書会


[PR]

by bookdiver | 2009-06-22 12:38 | Comments(2)

悲しみよ こんにちは

「1Q84」を読了し、映画「サガン」を観る…

村上春樹が翻訳した、カポーティの「ティファニーで朝食を」。
その主人公ホリー・ゴライトリーの造形に少なからず影響を与えたと言われるのが、
「悲しみよ こんにちは」の主人公セシルです。
上映中の映画「サガン」を観ると、今さらながらbutほんとうに
セシルは作者フランソワーズ・サガンそのものだなぁ、と感じます。
悲しい、静かな、とてもイイ映画なので、
カポーティや村上春樹に興味を持たれた方も、よかったら映画館に足を運んでみてみて。(順次、全国公開されます)
あんなに孤独な映画だと、あまり観る人いないんじゃないかとツイ心配になり(大きなお世話ね)、おススメしたくなってしまいました…
*ボードー系の店主も、「よかったー」と申しておりました。

大切なお知らせが、2つ。
☆6月28日(日)14時~
 「1Q84」の読書会(ってゆーか、おしゃべり会)をします。
 他の人の感想・疑問も聞いてみたくありませんか?
 詳しくは、村上春樹の読書会をクリックして、お気軽に参加を。     

☆7月7日(火)~13日(月)
 第5回「女子とふるぽん~」寄港市(ミニ古本市)
 7日間の会期ですので、今から、スケジュール帖にマークお願いしま~す。
 ご参加の皆さんは★えこし会(江古田詩人会) ブログは毎日更新中
ヲトメの素人古本 はなめがね本舗  
★クッピー舎
★古書 しましま書房
★こだぬき書房
★トカゲ書林★奈良の小さな古本屋 このはな文庫 
★ふにゃるら文庫★木版画の雨玉舎 ★ゆず虎嘯(こしょう)
    
[PR]

by bookdiver | 2009-06-19 12:45 | Comments(0)

先週のNHKニュースを見逃した方に

<ご注意>見たくない方は、けして見ないでね


6月9日(火)夜9時のニュースで、
村上春樹ファンがあつまる店!?として紹介されました~
[PR]

by bookdiver | 2009-06-15 20:17 | Comments(2)

神保町の明るい話題

ナンダナンダ、B級都心が、かまびすしい

1 三省堂書店のお隣が、遂に新装オープンへ
  
  昨秋から閉じたままだった扉が開き、内装工事スタート。
  ブック・オフかしらん!? 
  あ、安部礼司さんが勤務する大日本ジェネラル(株)の営業所だとウレシイな。
  果たして、その実体は→→→●●●でした。ガビーン 

2 白山通りに、うさぎの看板を発見

  女性専門の治療院だそーです。
  行ったコトはありませんが、ちょっと気になります…

3 「女子とふるぽん~」寄港市について、リサイクル通信がご取材

  7月7日から弊店で行いますミニ古本市について、
  業界紙の方が取材してくださいました。but なぜに、弊店に興味を??
  有難いコトですね。


*三省堂も東京堂も、「1Q84」入荷→品切→予約受付を繰り返しています。
 
[PR]

by bookdiver | 2009-06-13 20:38 | Comments(0)

村上春樹が好きな人も、そーじゃない人も

<6月の読書会>へのお誘い

村上春樹の新刊「1Q84」が、何かと話題ですね。
で、読書会のよーなものを、してみたいと思っています。
ザックバランに感想を言いあって、何だかんだとおしゃべりして、
多様な意見を認め合えたら、面白いかな~と思います。
(要するに雑談)
6月最後の日曜日、おヒマでしたら遊びにいらしてください、
ブック・ダイバーへ。

<6月の読書会>のよーなもの
日時 :6月28日(日)14:00~15:30
場所 :弊店近くのカフェ2階(貸切)
参加費:1000円(コーヒー代含む)
持ち物:村上春樹の新刊「1Q84」 
     (&もし宜しければ、最近、感動した本、CDその他なども)

*スペースの都合上、ご予約をお願いいたします。
*お問合せ・ご予約は店頭、または電話03-6657-3277
 メールdiver@kdn.biglobe.ne.jp へお気軽に。
 
[PR]

by bookdiver | 2009-06-12 14:07 | Comments(0)

「ご店主は、村上春樹の専門家なんですか?」

NHKのニュースを見たお客さまに、質問されて

6月9日(火)、NHK綜合の21時のニュースを見たお客様に
訊かれちゃいました。
答えは…「バカヤロー!」って、言ってました。アハハ
それより、
「昨日のテレビ、すごいですね。ウチも、もうスグ「1968」上下巻を出すんですよ」
新曜社のU氏(マラソン・エディター)が話しにいらっしゃいました。
その大著の中にも、店主の名前が出てくるとか…??
謎のジイサンですね、ったく。

おととい午後NHKからTELきて、昨日の午後に撮影、夜にもう放映と、
ホントにびっくりです。取材・編集…、プロの仕事ってスゴイ!!
(NHKって、サラリーマンNEOだけじゃないのね) 
ご協力いただけそーなお客さまにあちこち電話かけまくり、大変シツレイしました。
皆さま、ホントにありがとうございました。特に、やまねこ書店さま
[PR]

by bookdiver | 2009-06-10 18:53 | Comments(2)

本日、NHK夜9時のニュースで

村上春樹の「1Q84」、100万部突破のニュース

本日6月9日(火)の午後、弊店もご取材を受け、
お客さま3名とともに、その人気の秘密を語り合いました。
NHK綜合 夜9時の「ニュースウォッチ9」。
本日、放送(予定)ですので、おヒマでしたら見てね!

6月28日(日)にひらきます読書会のよーな、おしゃべり茶話会?にも、
お気軽にお申し込みくだ~い。
村上春樹を読んだコトない方も、熱烈歓迎。
*詳しくは、前前日の日記を、ご参照お願いします。
[PR]

by bookdiver | 2009-06-09 18:31 | Comments(2)