ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
カテゴリ
お気に入りブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


雨の日のシアワセな過ごし方

神保町スイーツ、“大丸やき”如何ですか?

カステラまんじゅう、とも言われ、出来てから24時間ほどで
お饅頭の外側がカステラになってゆき、官能的な小豆の甘さと相まって、
1週間ほどで美味しさのピークに達します。

見栄えはちょっと…なんですけど、スイーツ界における
まさに“掘り出し物”!! てな感じ…。
おぉ、ふるぽんと、ピッタリではありませんか。

ソファのある、古本お休み処ブック・ダイバーでは、持込みオーケー。
お仕事のちょっとした合間に、気分転換に…、
読書&スイーツの秘密の隠れ家、としてご利用いただけます。
*日本茶ティーバックや、インスタント・コーヒーは、
 ご自由にどーぞ。

以上、1月の終わりの雨の日に、大丸やきをいただきながら思いました。

番外情報
寺山修司の写真展(晴天の日に行った時より、暗い雨の日に行った時の方が、
なぜか好かったです)
[PR]

by bookdiver | 2009-01-30 13:21 | Comments(0)

神保町の明るい話題

小耳にはさんだり、朝刊で読んだり…

1.ご近所の閉鎖ビル1F(元神保町コンタクト)が、新装工事

  昨夏、このブログでもいち早くお伝えした、ご近所の
  ヤマト樹脂光学がコンタクトレンズ消毒液の偽装問題などで倒産したニュース。
  その後、2つのビルが裁判所に差押さえられ、ずーっと真っ暗なままでしたが、
  この度、超名門Sプロダクションが入札で、獲得した模様。
  4月には、明るく、健全な事業がスタートするらしいです。
  弊店の前の通りは、無邪気な笑い声がますます増えそーで、楽しみにしています。

2.退屈先輩、青春の次のステップへ

  先週、弊店の催しに来てくださった際、
  「神保町での仕事は、1月で終わりです」と話し、
これからの予定もちょこっと語ってくださ いました。
  未来へ向かって、一歩前進ですね。

3.フォーラム神保町で、ノンフィクション賞を募集

  今朝、新聞で知りました。田原総一郎ノンフィクション賞が設立され、
  作品を募集してるそーです。
[PR]

by bookdiver | 2009-01-28 20:41 | Comments(0)

均一本コーナーのお足元に、火鉢をご用意

立春へ向けて、暖かな話題で、ホットしましょう

毎朝、店に着くと、店主は炭おこしが日課になっています。
実はこの火鉢、お客様のT谷クンが持ってきてくださったもの…。
カ・ン・ゲ・キ
季節は、大寒から立春へ。
ハートウォーミングな話題と、面白いa0102001_13561828.jpg本を揃えて、
アナタのご来店をお待ちしております。
[PR]

by bookdiver | 2009-01-25 13:57 | Comments(2)

最近のウレ・クヤシイ、クヤ・ウレシイ本VOL.16

ダイバー店主が選ぶ、忘れがたい本たち…

1.「対馬の庶民誌」城田吉六 葦書房 1000円

  K君が父親の誕生日プレゼントとして買ってくれた。
  父親は、日本海の本が好きだという。弊店には宮本常一などの
  民俗学や海の本を集めているが、親孝行のお手伝いができたのが、
  うれしい。

2.「日本の峠路」山本さとし 立風書房 600円
 
  開店当初に値付けしていたものだが、本の山に埋もれていたらしく、
  見つけて買ったお客さんの得意な顔! ちょっと安かったかも。
  要するに、民俗学・紀行・歴史・旅をかねた、いい本なのである。
  時々、こういう本もある。

3.「革命 ゲバラは語る」ゲバラ 合同出版 1500円

  映画が公開されたそうで、ゲバラ本が売れているようだ。
  弊店では前からポツポツ売れていて、もうあまりない。
  彼は真面目で誠実、清廉潔白で、ヒューマニティあふれている。
  この本は生前、インタビューにこたえたもので、貴重。


<営業時間のご案内>
月~木  11:30~19:30
   金  11:30~20:30
土・日・祝 11:30~18:00
[PR]

by bookdiver | 2009-01-23 15:40 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

「東京ブック・ナビ」、ちゃっかり1位に!

神保町を歩くと、あちこちにセクスィー専務のポスターが…

催しが終って、久しぶりにフラフラしてると、
読書人の東京堂書店、ウインドウディスプレイの今週のベストセラーでは「東京ブック・ナビ」が1位に。
弊店のお客様たちは、137ページを見て、
「小宮山書店と同じくらい、ダイバーが大きく紹介されてるなんて変ですよ」
「ナンデ本のコトより、店主の話が載ってるんですか!?」
「ダイバーと、康芳夫インタビューと…、バランス悪いですね、この本」
と口々に文句言ってましたが。
ヨカッタねー、と喜んでくれた人はまるで無し(アハハ)。

神保町シアターは、陰影の人 森雅之特集で、
そのポスターは、まるでセクスィー専務…
サラリーマン・ネオ」のセクスィー部長をお好きな方なら、マストな映画でしょう。
a0102001_13105338.jpg

[PR]

by bookdiver | 2009-01-22 13:24 | Comments(0)

7日間、タイヘンありがとうございました

第4回「女子とふるぽん~」寄港市、無事終了

初めての方、ご近所の方、わざわざご来店のお客さま…、
皆さまタイヘンありがとうございました!!
貴重な出会いが多く、成績もまずまずで、こころよりお礼申しあげます。

また、スペシアルゲストの
masa京島ラブガーデンさまには、ホントにお世話になりました~
(打上げ含め)神保町の秘境に呆れないで、
これからも仲良くしていただければウレシク思っています…

<ブック・ダイバーこれからの予定>
3月9日  開店3周年
4月中旬 四九発駆会による第5回「ふるぽん秘境めぐり」(プロ中心のミニ古本市)
7月中旬 第5回「女子とふるぽん~」寄港市(プロ・アマ問わず女子中心のミニ古本市)

*開店2周年に際しては、「神保町&ダイバーアンケートを行いました。
 3周年でも、また面白い企画を準備中ですので、どうか、
 ご協力のほどヨロシクお願い申しあげます。

これからも「いつまでも あると思うな 本と店」をモットーに、ダイバーはいきますよー。
皆さま、いつも、ホントにありがとうございます。
[PR]

by bookdiver | 2009-01-20 13:47 | Comments(4)

最終日19日(月)19:30まで「女子とふるぽん~」寄港市

怪しい花園は、コチラです

ミニ古本市+可愛い豆本、アッと驚く福袋、開運ポストカード、花篭いろいろ…
続々と追加投入や、大幅値下げ(あずき・きんとき3割引)、その他…ございます。
最終日19日、大安の月曜日、熱烈歓迎いたしま~す。
a0102001_13435395.jpg

*これを逃すと、女子部の催しは夏まで予定ございませんよ。
[PR]

by bookdiver | 2009-01-18 19:19 | 女子とふるぽん~ | Comments(2)

いいコトあるぞ、ミニ古本市「女子とふるぽん~」寄港市(~19日)

後半戦へ、新入荷!金曜日は20時30まで、どうぞごゆっくり

寒中ご来店いただきましたお客様、ホントにありがとうございます。
休み明けはストレッチ状態で、今日あたりからヒートアップしてきましたよー。
…とゆー訳で、意外と掘り出しものがございます。
&ウイークエンドへ向けて、追加投入しております。

スペシアルゲスト京島ラブガーデンの、色いろ楽しめそうな
籠は300円~木箱3500円まで。お買い上げの方には、
もれなく素敵なお手製プレゼントをご用意くださっています。
masa&LOVEGARDENの
開運ポストカート(おみくじ付)や、
a0102001_20252657.jpg可愛い豆本、ブックカバー福袋…お見逃しなく!!

参加各店が放出した「お宝の箱」も、毎日アップデートしてますよー

<営業時間>
16日(金)11:30~20:30
17日(土)18日(土)19日(月)11:30~19:30

各店のご紹介は、前日の日記をご覧くださいませ。
名前が緑色になっているお店は、クリックすると、詳しい情報がご覧いただけます。
[PR]

by bookdiver | 2009-01-15 20:32 | 女子とふるぽん~ | Comments(2)

二十歳を過ぎたら「女子とふるぽん~」寄港市

13日(火)から7日間だけのミニ古本市(~19日

ふるぽん福袋や、豆本や、開運グッズ…も出品されます。
オトメン(乙男)も参加しています。
この機会に、ぜひ遊びにいらしてくださ~い。
…& 面白マジメな本も、たくさんございますよ。

a0102001_13231828.jpg
スペシアル・ゲスト
masa京島ラブガーデン
   
あずき・きんとき
★うずしお書店
えこし会(江古田詩人会) 
木南文庫 
★こだぬき書房
★トカゲ書林
★奈良の小さな古本屋 このはな文庫 
木槿堂書店 
★ゆず虎嘯
古本T 
 
[PR]

by bookdiver | 2009-01-12 13:22 | 女子とふるぽん~ | Comments(3)

「東京ブック・ナビ」、東京堂書店ランキング初登場2位!

その内容をめぐり、
編集者、ダイバー店主、木槿堂書店の三つ巴バトル勃発


弊店も137Pに紹介されている、「東京ブック・ナビ」。
担当編集者の方がわざわざ1冊ご持参くださり、店主と話している、
とその時にやってきた木槿堂書店(古書組合員で目録販売)さん。
「なんで、ウチは載ってないのよ。どーゆー基準なの?」とダンゼン抗議すると、
「実店舗を載せているので…」と編集者の方が説明されてるのが聞こえないのか、
「いやー、行き当りバッタリでやってるんだろ。だから、ウチなんか大きく載ってる
んだよ、ガハハ」 とランボーな店主が言う。
編集者の方は「ちゃんと編集方針があります。行き当りバッタリなんかじゃありませ
ん!」 とムッとしてました → 店主に

「この特別インタビューの『神をも呼ぶ男』康芳夫もヘン。どーして選んだの?」
と、木槿堂書店さん。(康芳夫は「家畜人ヤプー」「血と薔薇」の出版をプロデュース)
う~ん、皆さんも是非「東京ブック・ナビ」を手にとって、
行き当りバッタリなのか? 骨太の編集方針なのか? ご自身の眼でお確かめくださいね。

ちなみに13日(火)~19日(月)の「女子とふるぽん~」寄港市(弊店内のミニ古本市)には
木槿堂書店さんも出店されます。
康芳夫の本を、破格のお値段で出品するそーなので、お見逃し無く!!
[PR]

by bookdiver | 2009-01-08 15:40 | Comments(0)