ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:売れてクヤ・ウレシイ本( 26 )


売れてクヤ・ウレシイ本 Vol.6

お待たせ!! 神保町ブック・ダイバーの人気企画です。
暴走ジーサマ店主を、もっともっとクヤシがらせよー。


◆マーク・ストランド「犬の一生」中公文庫(品切・初版)600円
 
 村上春樹訳なのである。ボクは今、ちょっとネコやらイヌやらに
 興味があって、こいつらのコトを書こうと思っていた。なので、アレ
 コレ本を物色して読んでおった矢先。突然、目の前に突き出さ
 れたのだ、他のイイ本と一緒に。若い男だ。
 ボクはうかつにもタナに入れたのを失念しておったのだ。
 「あ、コレ、まだ読んでなかった、他のにしてくれる? それともアト
 に」「ダメです」と言下にことわられた。当然ですよネ。おまえは
 アホか(ボクのコト)。

◆マディソン・リー・ゴフ「死体につく虫が犯人を告げる」草思社900円

 これも読みたくて、読んでなかった。ダイバーではささやかだが、
 殺人・怪奇っぽい棚があって、そこに“「こころ」の秘密を散歩する”
 という張り紙がしてある。若いカップルがその前あたりでゴソゴソイチャ
 イチャ(失礼は承知)。で、持ってきた本を見るとコレだ。ふつう猟奇
 連続殺人とか拷問だよナ。この本のナナメ45度どころか、ゼロ戦並み
 の水平的or垂直的な盲点を突いたタイトルがユニークではありませんか。

◆アルベルト・モラヴィア「眠くて死にそうな勇敢な消防士」早川書房
 (品切・初版)1000円

 最後に。ボクに重大なミスがありました。この本は伊モラヴィアの動物
 寓話集なのだが、ダイバーでは日・祭日は単行本中心に1割引なのに、
 イイ本買ってくれたお嬢さんにポッとなって、それを忘れてしまいました。
 ゴメンなさい。今度来たら、返金しますからネ。
[PR]

by bookdiver | 2008-02-13 19:48 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(2)

売れてクヤ・ウレシイ本 Vol.5

神保町ブック・ダイバー店主の、は~
ため息&怒声とともにお届けする、人気企画です


◆カストロ「わがキューバ革命ーその思想と展望」理論社\1000
 カストロがキューバ革命を成功させて、しばらくたってから出した古い
 本である。勿論、品切絶版で、初版。
 他にカストロ本人の本やゲバラの本、キューバ革命に関する本など
 店内に置いてあるが、おすすめしなかった。

◆三瓶恵史「夜店ー商法の不思議とテキ屋の世界」徳間書店\1500
 品切・初版である。内容は文字通り夢と郷愁を売る昭和時代の夜店
 である。神保町にも、今ほしいものである(ムリか)。

◆さとうち藍、松岡達英(絵)「自然図鑑」「冒険図鑑」福音館 各\700
 若い女性カメラマンが、地震などの災害後のサバイバルにそなえると言って
 買った。それでなくても、この本はイラストも含めて分りやすく面白い。
 「男心をくすぐる本を、女が買ったか」という感慨があった。

ほかにも、ダニング「狂気の殺人」、小原田泰久「ホピ的感覚」、
関根弘「わが新宿」、城山三郎「生命の歌」、「どん底歌集」、
阿佐田哲也「ぎゃんぶる百華」、久野健「仏像の旅」などなどキリがない…。

以上、店主が昨年、列挙しておりました。




<地モピーの話題>
神保町シアターでは、「本の街・神保町」文芸映画特集を上映中です。弊店に、リーフレットもございます。 土・日にゆっくり、如何ですか?
 BOOK DIVERも、開いていますよー。
 弊店の場所は、コチラ
[PR]

by bookdiver | 2008-01-22 20:18 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

売れてクヤ・ウレシイ本 Vol.4

神保町ブック・ダイバーの、花いちもんめ

「花田清輝の世界」(雑誌「新評」別冊・昭和52年秋)
ちょうど久しぶりに花田のことを考えていたところなのである。
小川徹の「花田清輝の生涯」を読んでいる最中、若い男が
ヌーウッと出した、そのタイミング! 実はこれも読み直そう
とした矢先。男は「復興期の精神」を読み興味を持ったという。
1500円は安くない。だから、カレはえらいのだ。

「親愛なるジャン・ルノワールへ」(サン・デグジュぺリ)ギャップ出版
「大いなる幻影」などで有名なフランス映画監督への、飛行家で
「星の王子さま」のサン=デグジュぺリの書簡。めずらしい。
カバー&帯が汚れているので1000円。
う~ん、いい買い物されたのだ。

「神々の糧(ドラッグ)」(テレンス・マッケナ)第三書館
前日に店に来ていたらしく(店主外出中)、目指すところに直行、
即購入。あぶなそうなタイトルだが、古代から人類はこれを使っていた。
現代人の衰弱は近代文明主義がもたらしたというシリアスな内容。
関西弁の男は去りぎわに、変なコトをのたまわっていた‥
[PR]

by bookdiver | 2007-10-18 19:51 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

売れてクヤ・ウレシイ本 Vol.3

ふるぽん秘境めぐり開催中でも、
   神保町ブック・ダイバー店主、激白


ここ1カ月位の間に買って行かれてしまった本たち、
ベスト5を告白します。

9月 3日 串田孫一編「忘れえぬ山」Ⅰ~Ⅲ全3冊
       旺文社文庫(絶版・初版)2000円
       山の好きな人にとっては、文字通りお宝である。

9月 9日 齋藤俊彦「轍の文化史」
       ダイヤモンド社(品切・初版)帯 1800円
       サブタイトルに「人力車から自動車への道」とあるように、
       その道のマニアにとってはたまらない一品である。

9月15日 西東三鬼「冬の桃」
       毎日新聞社(品切・初版)1600円
       戦争中の神戸のうらぶれたホテルを舞台に
       見えてくる人生模様が素晴らしく、
       ちょっと奥に隠していたのに…‥(見つかってしまった)。

9月20日 村松梢風「現代作家伝」
       中央公論社(品切・初版)帯 800円
       村松友視の祖父。文壇で活躍したが、
       自伝の「梢風物語」がついていて、
       これがすごく面白い。
       本は古くて、汚れていたのだが‥‥。 

9月23日 ヤンハインツ・ヤーン「アフリカの魂を求めて」
       せりか書房1400円
       アフリカの人々の奥底にねむる呪術的魂のありよう。
       なぜか2300円をつけていたのに、値下げしていたのです。
       見つけて買った人は、大喜び。

なお、珍しい古本屋さん達による、店内ミニ古本市=ふるぽん秘境めぐりは、
26日(水・大安)19:30まで開催中。
この連休中、続々と追加投入されています。
神保町交差点から55歩で
一寸先は‥‥ひかり(お宝)!
[PR]

by bookdiver | 2007-09-23 22:30 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

最近、売れてクヤ・ウレシイ本 vol.2 

神保町ブック・ダイバー 店主調べ 

こちら古本お休み処では、先週末から、ついについに夏枯れモードに突入。but いい本は、やっぱり買われて行ってしまう‥。ドナドナ

1 瀬川祐司「ナチ娯楽映画の世界」(平凡社)1400円
  1800円とつけていたものをナゼか値下げ。ナチスを娯楽映画の角度から分析したところが  ユニークで面白い、のに‥‥。

2 水谷彰良「ロッシーニと料理」(丸善)2000円
  オペラを作曲した美食家の生涯を、料理はもちろん音楽逸話、書簡をからめて語っている。  こーゆー視点、いいと思いませんか?

3 内田實「松川裁判の思い出」(朝日新聞社)900円
  もう半世紀以前の怪  事件。古びていたけど、函入り。よく来るお客様の一人に、大切にし  ていた本を、安めに買われました!

  私個人的には、1は読了されましたら、貸してほしいです(苦笑)
[PR]

by bookdiver | 2007-08-22 16:42 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)

アンビバレントな、古本ダイバー(探求者)

神保町の秘境から、ため息が聞こえる~

ここ2.3日、好い本がどんどん出ていきます。ベスト3は‥(店主独白)

1 中河与一「古都幻想」(村松書館)1000円
2 猪谷六合雄「雪に生きる」上下2冊(羽田書店)1500円
3 会田雄次「ミケランジェロ」(新潮社)500円

「みんな、いい本、買って行くなー」「ウチには、いい本あるからなー」と、
ボヤキなのか、自画自賛なのか‥?
売れてウレシイ! くやしい! アンビバレントな苦悩は尽きない‥
[PR]

by bookdiver | 2007-08-13 19:42 | 売れてクヤ・ウレシイ本 | Comments(0)