ブック・ダイバー(探求者)★神田神保町で店舗営業2006月3月9日~2015月11月15日★2016年春よりネット販売


神保町の古本お休み処として約10年ほぼ無休営業し、2016春ネット書店としてリフレッシュ・オープン diver@kdn.biglobe.ne.jp   
by bookdiver
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
古本屋好きの皆さまへ
最新のコメント
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
弊社出版物の著者や訳者の..
from ウラゲツ☆ブログ
ブログ
from こんばんわ
ふるぽん秘境めぐり@神保..
from 猫多組(ねこたぐみ)
古本市開催中@ダイバー
from Mの日記@古本T「たまにはス..
ブックダイバーへ GO ..
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ブックダイバーへ GO !
from Kai-Wai 散策
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古本の取扱ジャンルは<硬派なサブカルチャー>

単行本、新書、文庫を販売中。硬いなかにも、柔らかさが、、、
a0102001_17522869.jpg
ブック・ダイバーのアマゾン支店はコチラです
 いま世界の中心は「原理主義 ファンダメンタリズム」(松本健一)にしっかりと捉えられているようです。中東からヨーロッパに押し寄せる難民。ドイツがホクホクして待ち構えていましたが、そうは問屋がおろしません。「奴隷以下」(凱風社)は<ドイツ企業の戦後責任>を扱っていますが、ユダヤ人問題はシリア人問題にすり変わらないのか、心配です。VWはどうしているのかナ?
と思ったら「思想の首領たち」(グリュックスマン 中央公論社)の帯には「マルクス主義は<収容所(グラ―グ)>の思想である」とあり、いまだマルクス主義のしっぽを引きずっているぼくはギョッとするのです。その源泉がドイツ観念論だというのだから、ますますたまりません。
 となれば、とりあえずドイツを遠く離れてキューバはどうだ。「少年フィデル」(トランスワールドジャパン)なんかは、彼が規律を守る優等生であると同時に、自由奔放の精神を持っていたことが分かる。キューバとオバマの交流は面白いのではないか。
 つまり、もしかしたら「アナキズムの哲学」(法政大学出版局)や「アナキズムⅠ(思想篇)」(紀伊國屋書店)なんかも案外、今日有効なのかもしれない。しかし幻想もほどほどに。
 こういうことを書くと、下世話な世界では「現代親分論」(現代書館)も参考になるかも。同じ狩野健治の「実録・人生劇場」(双葉社)なんていうのも、どうだ。
……もっと柔らかい本もいろいろ。
a0102001_11565791.jpg
お問合わせも、お気軽にメールいただければと思います(営業は除く) 
                      ☛ diver@kdn.biglobe.ne.jp 
[PR]

by bookdiver | 2016-05-30 11:06 | Comments(0)
<< 読書の梅雨。 あの神保町のワクワクを、もう一度 >>